尾行も失敗するものです(失尾)

冬場の尾行は大変!

探偵のイメージでは、真っ先に 「尾行」 が思い浮かぶんじゃないでしょうか。

尾行、やりますよー

北海道の調査では、クルマでの生活が多いせいか車両の追尾が圧倒的に多いです

なので、冬場の追尾はそりゃ必死です。

スリップ&ドリフト、ギリギリの信号で止められないクルマ

ガラスは曇るわ、機材は結露するわ冬場は苦労続きです。

追尾中の撮影もいくつかのポイントを抑えながらフレームに収めるのですが、

雪と氷でガッタガタになってるお陰で、カメラがぶれる、ぶれる(笑)

証拠資料として出す必要もあるので、映像には収めるべく頑張るのですが、これで証拠になるのだろうかと、スタビライザーを使ったり。

スタビライザーっていうのは手ブレ防止の棒なんですが、万物でもなくてですね(笑)

一定方向ではほとんど役にたちません

探偵料金と尾行の微妙な関係

そんなこんなで、2名1組で車両から目を離さないように追うのですが、一瞬で消えるんです。

これらもプロですから、ある程度の情報と精度を持って追いかけますが、新人にはこれは中々難しい。

これで、お客さんの料金は変わってくるので、正直に話をすると当然値引き要求が来ますので、難しい部分があります。

ウチは、最初の説明に「必ず失尾はあります。事前にご了承ください」と言い切っています

お客様の中には、ちょっとした機械を使うだけで居場所とか行き先、撮影は簡単にやってもらえると思っているようです。

ちゃいますよ~!

意外と難しいんですよ~!!

自分で追われた方は「一度追っかけたけど難しくて~!」とおっしゃる方が多いです。

調査員も切磋琢磨しており、暇なときは知らない人を尾行して(おい)

練習したり、機材の練習や新しい道具がないか、いつも雑談しています。

失敗しても挫けないもん

そ れ で も

最後は経験による部分が多いんですけどね

その人がどこに行くなんて、絶対はないんです

だから、「ここに行くだろうなー、次はこっちかなー」なんて言っていると、すぐに見失う。

コンビで後ろを負いながら、止まったり曲がったり、色々シュミレーションしながらは追いますけどねっ

追尾はそんな長い時間かかりません(私の最長は車で4時間着いていった事がありますが(;´д`)) 集中、集中、なのです。

調査員からすると、失尾というのはメンタル上ダメージが大きいので、リーダーや上司は励まします。と同時に心の中で「今日はキメ日だったけど、次はどうしようかな」と、考え込んだりもするのですね

さっぽろ探偵事務所では、失尾した場合も込みになる結果ありきのご相談も可能です。

札幌で探偵へのご依頼をご検討中の方はぜひ

さっぽろ探偵事務所:浮気調査、行方不明、嫌がらせ、DV、ストーカー対策等

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る