探偵というお仕事

探偵でーす!と自己紹介をすると

探偵業を営んでいると、自己紹介で雰囲気が変わります。

「えっ、探偵やっているの?」

「珍しい仕事だね!」

と、物珍しそうに、かつ距離を保ちながら話を聞きたがります。

女性は特にこういうの大好きですからね、瞬間的にはモテますw

私の場合、長らく探偵業を伏せていたのですが(Facebookの話ね)

職業の勘っていうんでしょうか「この人は不倫しているんだろうなぁ~」、という

香ばしい方々に友達を切られたことがありました(笑)

仕事じゃないのに他人の不倫なんて興味ありませんよっ!
愛を貫くなり、徹底的に隠すなりしてください。と思います。

個人的には不倫・浮気の類は好きではありません、その理由はまた気が向いた時に書きますが、調査には熱が入ります。(仕事ならね) 私が調査仕事を始めたのもこれがキッカケですし。
※年収1200万円のエンジニア職を捨てて探偵を始めた私のハナシ〜不倫に振り回された人生

実際の探偵の仕事

そんなこんなで、探偵という仕事はイメージよりも全然地味です。

すっごく地味です。すご地味、まじで

尾行をするのはすべての時間のウチごく一部。

ほとんどはひたすらターゲットが出てくるのを待ち続ける張り込みが一番!長い!!

あとは

・報告書の作成

・DVD・ブルーレイの編集。

・ターゲットの基礎調査(個人情報の収集)

などです。

テレビのようにどこかの建物に侵入して資料を探りコピーを取って逃げるとか、そんなしませんから、ちゅーか、やったらタイーホですよ。

人のプライバシーを覗くのが興味津々な人が求人には来ますが、地味な仕事が(張り込み)続くと心折れて辞めてしまうようです。特に真夏と真冬の張り込みは想像を絶するものがありますから。ずっと同じ場所に立ち続けると、周囲からいい加減好奇な目で見られますし、当然声もかけられます。そういうメンタルの強さ(いや、図太さか…)も必要です。

慣れてきてから調査員としてのスタートです。

実際の労働条件

最初は依頼者に対して感情を入れ込みすぎたり、不要な調査をしたりする事もありますので。ただし、予算内で+αの情報を取ってくることに関しては◎です、依頼者は喜びます。

勤務時間はあってないようなものです、依頼があればその時間内で動くのが探偵です。

酷い時は徹夜明けで1時間仮眠が取れたと思ったら現場に走り、12時間後に1時間寝たと思ったら叩き起こされる、こんな事も珍しくありません。ご近所からの訝しがる目線、職務質問(これは大した事はないんですが)チーム体制でも繁忙期はメンバーグロッキーですから、眠気と戦いつつ張り込みます。過酷な話は枚挙に暇がありません。

睡眠時間は不規則、休日も仕事がない日が休み。ぐらいの認識で。

世間一般の労働環境の感覚ではと2~3ヶ月もたないでしょう。

給与も決して良いものではありません、歩合給が入っても~30万円程度の気がします。

(ごめんなさい、大手さんはもっとあるのかもしれませんが)

それでも探偵をやっている人たちは、やっぱり変わり者が多いです(笑)
愛してやまない変わり者のみんなです

調査を進めて、まったくわからない事が一つずつ判明し、証拠につながる瞬間はなんともいえないものです。これはいつも変わりません

そんなこんなで、毎日(仕事がない日は近所のカフェでコーヒー飲んでさぼりつつw)調査を続けているわけです。

札幌で探偵へのご依頼をご検討中の方はぜひ

さっぽろ探偵事務所:浮気調査、行方不明、嫌がらせ、DV、ストーカー対策等

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る