「実は自分のため?」誹謗中傷する人の心理とは

どうも。久々の更新になります。

探偵事務所の山田です。

フェイスブックの悪口の対処法にも書きましたが

今の世の中誹謗中傷が絶えないですよね。

「うーん。誹謗中傷とはどういうこと?」

ということですが、

誹謗中傷→徹底的に悪口を言うこと。または批判すること。政治などの世界でよくつかわれることがあります。

ではどうして誹謗中傷してしまうのでしょうか?

この記事を読むことで
誹謗中傷することの心理が理解できるようになります。

 

誹謗中傷する人の心理とは

1,防衛本能のため

「うーん。どうして誹謗中傷してしまうのかな?

わたしにはよくわからないや」ともしかしたら

あなたは思ったかもしれません。

しかし。この誹謗中傷という考え方は

実は私達の欲求に寝ずいたものになります。

例えば、私達男性は時には女性をからかうことを良く好みます。

「えーどうしてのかな」

と思う人もいるでしょうが、私達男性は
時に女性をからかうことで上の立場に立とうとするのです。

特に誹謗中傷の対象になるのは

どちらかというと、芸能人や、ブログで有名な人など

よく露出する人が多いですよね。

その露出の多さから時には、ステータスの高さを感じ取ることがあるのです。

例えば私達もツイッターのフォロワーの多い人は
どこか、ステータスの高さを感じることがありますよね。

すると「なんかイライラするな」
とついつい攻撃的に働いてしまうというわけです。

そして攻撃することで知らず知らずのうちに上位の立場に立とうとしている。

まさに一種の防衛本能ということができますね。

「うーんなんかなさけないな」
と誹謗中傷をする人を見るとついつい思うのですが、

このような人を攻撃したくなる気持ちというのは

誰もが持っているということに注意する必要があります。

 

2,本当はうらやましい気持ちがあるが、誹謗中傷することで自分を安心させようとしている

さてさて、防衛本能の気持ちは

実はうらやましさの気持ちの中に現れています。

例えば、億万長者が近くにいたとします。

その人はあなたの親友です。

するとあなたはその人を見てどのように感じるのでしょうか?

「うらやましい」というのが正直なところではないのでしょうか。

私もぶっちゃけうらやましいです笑その人に
とってかわりたいと思います。

しかし、うらやましいけど、私たちはお金はすぐに手に入らないですよね。

すぐに億万長者になるなんてよほどのことがないと無理です。

そのために、私たちは誹謗中傷をするわけです。

「あいつはお金を持っているけど仕事を全てに捧げている

しょうもないやつだ」というふうに笑

実際にこのようにいうことで私達の中に自己防衛が働くのです。

「あー。なんかすっきりする」
というように笑

しかし、
すっきりするというのは正直一時期だけなんです。

一時的に安心しても
すぐにうらやましいそしてやるせないという気持ちが出てしまうわけです。

「するとまた悪口を言ってやろう」

となるのです。ちょっとした麻薬のような感覚になってしまうのですね。

 

誹謗中傷されるということはある程度認められているということ

まとめますと、
誹謗中傷される人と言うのは

ある意味自己防衛をしたくなるような人と言えます。

ようは悪口を言ってまでその人のことを落としたい

というそんな対象の中にいるのです。

ある意味認められた存在と言えるわけです。

ですから、そのような優越感を持ち

スルーをしてほしいわけですが、

どうしても「誹謗中傷のメールが100通くる」

となると私生活にも影響が出てしまいますよね。

そのために、あなた自身がつぶれそうになっている時。

私達専門家に頼むというのも一つの手ですね。

以上です。

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る