夫から暴力を受けた際に診断書をどうとればよいか

どうも探偵事務所の山田です。

「夫からの暴力がひどい。なんとかこの状況を
よくできないか」

もしかしたら

あなたは、言い知れぬ苦痛を抱えて
この状況をなんとかしたいと思っているかもしれません。

そんな考えの中でいざという時役立つ証拠として
医師の診断書があります。

医師の診断書は離婚裁判などに発展した時に

大きな証拠になる可能性が高いからです。

「でも医師の診断書って
洗いざらいを説明しないといけないのか」

って考えるっことはありませんか?

そりゃそうです。自分の夫婦生活を赤裸々に語るということは
誰でも抵抗があるからですね。

この記事では

暴力を受けた際の
医師の診断書の取り方についてお話をしておきます。

 

もしあなたが夫から暴力を受けた際は経緯をしっかり書いてもらうようにする

もしあなたが暴力を受けた際に
「どのように経緯を話して夫から診断書をとればよいのか」

戸惑ってしまう面もあると思います。

しかし結論から言って
「どのような形で夫から暴力を受けて
どのような外傷をおったのか」という経緯を細かに記載してもらう必要アリです。

実際にどのように暴力を受けて
どのように外傷をおったのかという

エピソードを細かにカルテに記載し
診察をされている。

結果診断されたという診断書が非常に重要な役割を持ちます。

「ただ打撲をした」という診断と
「夫からの暴力を受けてあざができそれを診断した」

という証言であればやはり証拠力として
力が強いのかはよくお分かりだと思います。

 

診断書に書きなれており、親身に診察をしてくれる医者選びを行いましょう

あと、しっかり証言通り
書類に書き起こしてくれる医者選びをすることも大事です。

なかなか信じがたい話ですが
中には、診断書の書き方もよくわからず、

言った通りに書類を書き起こしてくれない医者もいることは事実です。

そのためにあなたができることは

親身になってくれる医者選びをすることです。

また、暴力などの診察も慣れていて

書類にするということに慣れているというのも大きな条件ですね。

そのためには聞く見るなどを重ねて情報収取をしていくことが
すごく大事になります。

当然書類の発行にも
数千円という費用が必要になりますから。

浪費をしないためにも慎重な医者選びをしましょう。

診断書だけでなくいろんな証拠を想定して集めておきましょう

もちろん医師の診断書も重要な証拠になりえますが

これだけでなくあなたが受けた暴力に関するものを
総合的な証拠として集めていかないといけません。

例えば暴力を受けた際には

必ず写真などを撮影して証拠を残しておきましょう。

実際に受けたという外観そのものが大きな手掛かりになります。

もちろん暴力だけでなく
言葉の使い方なども可能であればボイスレコーダーなどで
保存をしておくことを強く勧めます。

これらの証拠が離婚裁判などに発展する場合

あなたを助けてくれるアイテムになるからです。

→離婚裁判の記事についてはこちらを参考にしてみてください。

以上です。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る