夫からの暴言で離婚を成立させたい場合の具体策とは

どうも探偵事務所の山田です。

これを見ているあなたは夫からの
言葉の暴力に悩んでいるかもしれません。

「ばかやろう。お前なんか存在しないほうがいいんだ」

「お前は本当に何もしないな(家事をこなしているにも関わらず)
お前みたいななまけものは一生家でごろごろしていろ」

このような言葉の暴力を浴びせられたときの
やるせない気持ちや悲しい気持ちは本当に言葉に表せないと思います。

心の片隅のどこかで 
「もうだめだ。離婚しかない」と心の片隅で思っている人も
中にはいるのではないかと思います。

そんなあなたへこの記事を書きました。

夫からの暴言で離婚が許されるのか?という疑問を持った場合

例えばですが、夫から暴力を受けた際に
離婚裁判を起こすということはよく聞かれる話です。
→旦那から暴力を受けて離婚するのにはどうすればよいかという
記事を参考にしてみてください。

ただ、
直接に体に傷をつけられていない言葉の暴力に対して
離婚を望んでよいものか?

と悩む人もいます。

しかし十分に離婚を請求できるということは
知っておいてくださいね。

言葉の暴力も十分にあなたを傷つけられるものです。
あなたが一番つらかったのでわかるでしょう。

そう。十分に離婚を成立できる可能性があるということを
頭にまずは入れておいてください。

 

ただし離婚が認められる場合にはある程度条件がある

ただし離婚裁判において暴言で離婚が認められるには
それなりの条件があるということです。

例えば暴言によって夫婦関係は破滅的に
破綻してしまっている。

あなた自身の精神が破たんしてしまい
もはや修復の余地すらも余裕がない時。

ようはものすごくひどいなーという時に
裁判所の指示で離婚が成立できることになります。

※もちろん夫婦間の話し合いによる離婚の成立
家庭裁判所の相談員が調停を行い離婚を進めていくというケースもあります。

ただここでの離婚裁判のケースは夫が断固離婚を拒否したケースに限ります。

 

どうやって夫婦関係が破たんしうるようなケースであると裁判所が判断するか

ではどうやって裁判所が
夫婦関係をもはや破綻しうるケースであると判断するでしょうか?

これはやはり証拠がいかにあるかということが証拠になります。

例えばひどい暴言を受けましたとあなたが証言するのと
実際にボイスレコーダーで、
受けた夫の生の声を提出するのでは説得力は雲泥の差になります。

そのためにレコーダーを忍ばせて夫の声を記録するということも
大事になります。

もちろんああなたが受けた暴言を
書面の記録として保存しておくということも一つの証拠になります。

あなたの集められる証拠を集めておきましょう。

 

証拠探しは探偵が専門家である

ちなみに証拠探しにおいては探偵は非常に専門的な働きをします。

もし自分で証拠を集めようとすると

「何からすればよいのかわからない」

と、実際に手込みする可能性はすくなからずあります。

盗聴を行うにしても
「こんな人の行為に外れたことをしていいものか?

と迷いの思考が生じることがあります。

そんなあなたに探偵は的確にアドバイスを行うことができますし
必要とあれば現場に出向き調査することも十分に可能です。

「なんだか証拠を集めたいけどよくわからない」

「やり方がわからない」という片は

ぜひ探偵に相談をしてくださいね。

以上です。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る