LINEの会話は偽装できるんだよ、って話

LINEって偽装できるの?

番長の話題でベッキーやらゲスのなんとか?(ニュースではじめて知った)はワイドショー的なところから影を潜めたようです。

文春の掲載で証拠写真的に、二人のLINE会話写真がありました。(そもそも、あれ画像が本人達のやり取りだと誰が証明するんだろうか…)どこから入手したんでしょうね?

いまや、週刊誌の女性自身ですらクローンiPhoneの作り方を解説しているぐらいなので、お父さん方の一部は戦々恐々と「line のぞき見」とかググっているのかもしれません。

技術的な話題として、クローンiPhoneの対策にLINEが移転制限時間の機能追加を実装するそうです。他アプリも一斉に「ウチも個人情報満載だから制限時間実装するよ!」とか言い出して、したらば移転時にエラい手間が増えるじゃないか。Naverはウチだけ安全に理論なのか。端末変更時のセキュリティはAppleが担保するのが筋だろうとか、そういうのは一旦置いときまして。

そういや、LINEの会話書き換えって簡単じゃないのか。

と、思うことがありまして。ちょっと試してみました。

まずは会話相手の選定

普通の会話だと面白くないので、基本同じことしか言わない人に登場していただきます。

バーガーキーーーング!
別に意味はないです。オススメ一番上にあったので。

通常の友達と違い、店からの定期配信で使われる会話先です。
相手は私の言葉に反応して返信はありません。

妖怪ウォッチでジバニャンに期待して会話送った人多いんじゃないでしょうか。僕は送りました。

友達追加ボタンを押してみます。

 

追加されましたね。その瞬間、待ち受けていたかのようにトークが3発到着しました。この先、毎日のようにハンバーガーを勧められるかと思うとワクワクします。

早速ぼっちトークを始めてみましょう!

予想通り、スマイルどころか直火焼きビーフが自慢のバーガーをゴリゴリと勧めてきますね!
安定の会話です。

ちゅーことで、

書き換えてみる

 

iPhone系の、中をメンテするツールです。

普段パソコンに入ってるようなソフトウェアではないのですが。
なにが怖いって、LINEに装備されているパスワード完全無視で見られてしまうところです。

そんじゃま、書き換えてみましょう。

どうなったか

はい、書き換えました。再度LINEで開いてみます。

ゴリ押しのバーガーキングが少し愛想良くなりましたね!

既読日時含め、偽装ではないことをご確認ください。

申し訳ないので、今日のお昼はバーガーキング白石店にでも行こうと思います。
個人的にはバーガーキング大好きですよ。だから消さずにこのまま残しておくことにしました。

まとめ

いかがでしたか。

そもそも、電子的なデータはどこまで信用できるかわかりません。(話題のニュースは本物だと思いますがw)

個人情報の保存されている端末については、データが保管されている以上、抜き取りや書き換えの危険性があることを常に意識する必要があります。

データは端末が相手に渡った時点で中身が取られてしまう可能性を十分に考えて慎重に扱いましょう。指紋認証、文字列パスワード、どんな形であれセキュリティは隙間が残りやすいのです。

★大事なこと

・相手に端末を渡さない(基本)
・寝るときは枕の下に入れる(重要)
・指紋認証ならば手袋をして寝る(重要w)※家庭内の怪しさは倍増です
・どんな理由であれ、USBケーブルとPCを刺すときは警戒する←コレね

※最近、コメント欄で「ツール名を教えてください」的なものが増えております。悪用ができるものですので非公開としています。閲覧にはソフトウェアエンジニアの知識が必要です、解析もいたしますのでお困りの方はお問い合わせフォームからご連絡ください。

関連記事

コメント

    • たろう
    • 2017年 2月 04日

    このiPhone内のLineトークデータSQLを見るツールって、なんというツールなんでしょうか?
    ぜひ教えて下さい。

      • sapporotantei
      • 2017年 2月 05日

      お問合せありがとうございます。
      公開するとアレですので、個別メールを送らせていただきます。

    • とも
    • 2017年 9月 24日

    質問すみません、こちらの書き換えはLINEの絵文字も偽装すること可能なのでしょうか?

    • 武士
    • 2017年 9月 27日

    LineトークデータSQLを見るツールというのは、まだ使えるんでしょうか?
    なんというツールか教えて頂くことはできますか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る